豊丸産業株式会社

  • Facebook
  • Twitter
  • お問い合わせ

COPYRIGHT © TOYOMARU INDUSTRY CO.,LTD. All rights reserved.

615

リトルダンサー

2017.09.25

先週行った札幌出張の帰りの飛行機は、大きなお土産袋を持った観光客で一杯だった。
時間ギリギリに乗り込んだので、空いている棚がなく、仕方なく足元に置いて帰ったが、北海道を旅行する人の多さに驚きだ。


さて、週末は久しぶりにのんびり映画を楽しんだ。
娘が借りてきたブルーレイで、2000年に初公開されたイギリス映画「リトルダンサー」だ。

現在、東京や大阪で公演中で、大人気となっているミュージカル「ビリー・エリオット」の原作で、バレリーナを目指す一人の少年の成長を描いた作品だ。

題名ぐらいは知っているものの、さほど興味が沸くには至らず、初の鑑賞となったが、なんとこの映画で使われている音楽が僕が大好きなT.REXだ。

T.REXの初期の曲が映画のポイントポイントに使用されているが、それ以外にもクラッシュやジャムといった70年代を代表するバンドの曲が映画のシーンを引き立てている。


ある面、この映画の主役は、エリオット少年というより彼のお父さんかもしれない。

優しい少年と厳格な父。
未来のある少年と先の閉ざされた父。

子の成長で親の気持ちが動かされる。
そんなシーンに自分の気持ちもグッとくる。
世のお父さん方に観てもらいたい映画だ。


北海道!

2017.09.22

先週末は仕事で北海道。
とは言っても札幌なので、名古屋にいるのとさほど変わらず。

しかし、昼食で立ち寄った回転ずしの「トリトン」。
以前、マツコデラックスさんの番組で紹介されたことが記憶にあり、食べてみたら驚きのデリシャス具合だ。


さて、仕事は大切なお客様の周年式典への出席。
最高のおもてなしに感謝感激。当社ももうすぐ60周年なので、いろいろ考えなければだ(^^;;

久しぶりに訪問した北海道だったが、トレパチを使っていただいているライラック病院様では人気絶頂のようだし、素晴らしいお客様に溢れたこの場所にもっと足を運ばねばと思う。


敬老の日

2017.09.19

昨日は敬老の日。

心配した台風は通り過ぎ、好天の下、トレパチテーブルを設置した敬老の日イベントは、予定通り阿久比町の高齢者施設様で開催することができた。


イベントの前半は子どもたちのピアノ演奏。
ちょっと緊張しながらも、ひとりひとりが一生懸命演奏していた。

思わず我が家の子どもたちのピアノ発表会を思い出す。
遠い昔の話だが・・・(笑)。


演奏の最後は、先生の伴奏でお年寄りの皆さんも一緒に合唱だ。
歌は「ふるさと」。
「うさぎ追いし、かの山~」と歌っていると、自分の母の顔が浮かんでくる。
まだ元気なんだが、思わず泣けてくる。歌のパワーは強いなあ。


そして、後半はいよいよ子どもたちとお年寄りのトレパチテーブルを使用してのゲーム大会。
子供たちはうわっと集まるが、お年寄りは「わしゃええ」と言いながら遠慮気味だ。


準備も含め、こんな感じで時間は過ぎたが、心温まる一日だった。

参加された子どもたち、そしてお年寄りの皆さんにとって、明日の元気に繋がる一日であったことを祈りたい。


Xデー

2017.09.15

新製品トレパチテーブルの発表を控え、大詰めで大事な仕事が重なったことや、それ以外にも考えたり動いたりしなければならない仕事が重なり、睡眠不足もあったのか、名古屋駅で乗った近鉄電車で眠ってしまい、そこから二つ目の当社の最寄り駅を乗り過ごしてしまった。

非常に強いと表現されている台風18号が明日にも九州に上陸しそうで、愛知県の施設様で敬老の日(9月18日)に予定しているトレパチテーブルのイベントが心配だ。
18号と18日という数字の関係も気になる・・・(汗)。

今年は例年に比べ大雨による災害が多いので、台風が通過するエリアの皆さんは是非注意していただきたい。
せっかくの三連休ではあるけれど、無理な外出は控えるのが賢明だ。

と言う我々豊丸産業未来事業室は、雨が降ろうが槍が降ろうが、そして台風が頭上を通過しようが、18日は敬老の日イベントに駆けつけねばならない。
楽しみにしているお年寄りのために。


小僧の心を忘れずに

2017.09.08

以前、大峯千日回峰行の本を読んで、とても刺激を受けたことがあったが、日経ビジネスの最新号にこの修行を満行された塩沼亮潤大阿闍梨のことが紹介されていた。


大阿闍梨といってもまだ若く、無意味に年齢ばかり重ねてきた僕とは随分違う。

千日回峰行に続き、食べず、飲まず、寝ず、伏せずを9日間通しで続ける「四無行」も満行し、現在は仙台に開いた福聚山慈眼寺に勤める若手住職だ。


この方がこう言っている。

「地位や肩書きは仮のもの。何かを達したらそれを捨て、小僧の心を忘れずに」


地位や権力におごり、他人を軽んじたり無理を強いたりするのは愚かなこと。先を行く者は、親の目で関わる人に心を配り、時に厳しく、しかし慈悲の心を忘れずに。

そして厳しい状況にあっても自らを律し範を示す。


そんな言葉を聞くと背筋がピッと伸びてくる。自戒しなければならない。


615
ページの先頭へ