豊丸産業株式会社

  • Facebook
  • Twitter
  • お問い合わせ

COPYRIGHT © TOYOMARU INDUSTRY CO.,LTD. All rights reserved.

590576580

マイコプラズマ肺炎

2007.12.14

 先週の月曜日から三女が高熱を出し、掛かりつけの小児科で診察してもらっても原因が特定できない。インフルエンザや血液の検査をしても特に異常がなく、ぐったりした娘を横目に困惑の1週間が続いた。

 週が明け、多少元気になったので学校に行かせてみたが、疲れもあるのか日が沈む前から寝込んでしまい、またまた40度を超える高熱に襲われた。そこで小児科の先生の紹介状を持って、日赤病院で精密検査をしたところ、レントゲン写真に写った肺は見事に真っ白になっていた。

 発熱の原因はマイコプラズマと先生から説明を受け、細菌性の肺炎ではないからそんなに心配はいらないとのこと。マイコプラズマ?何度聞いても憶えられない名称で、今女房がはまっているマクロビオティックと混同してしまう。マイコプラズマというものが、生物なのか何なのかよくわからないが、とにかく原因がはっきりして一安心である。

 この月曜から「CRナナシービッグ」の開店も始まり、「子供が肺炎なので・・・」と言って早々と会社を出るが、開店状況が気になって導入店舗に足が向かう。右始動口の玉寄りが悪いのが少々気になるが、プレイしているお客さんの表情を観察すると、結構楽しんでいただいているように感じ、こちらもまずは一安心だ。

 当社の得意分野は、こういう少し変わった機械の開発だと思っているが、ナナシーみたいな電役に限らず、こういうジャンルの機械の開発に今後も地道に取り組んでいこうと考えている。そういう機械を提供していくことで、業界の活性化や健全な発展に寄与できればと考えている。でも、なかなか認知されなくて、正直言って僕も熱が出そうだけどね。肺炎からパチンコの話・・・?すでに熱が出ているのかもしれないね。

持つべきはいい先輩

2007.12.03

 先日、僕の尊敬する先輩が、在籍する某奉仕団体で挨拶された。僕は所用があり、残念ながら当日の例会を欠席してしまったのだが、後で配布された報告書を読んで痛く感動した。

 その先輩が歩んできた人生の苦労は、噂ではいろいろ聞いてきた。今はご家族で介護事業をされているが、以前はスポーツ用品の量販店を経営していらした。スキー好きの僕も、ロシニョール全盛時代に、品薄な商品の確保で一度お世話になったことがある。

 ところが、その老舗のスポーツ店を忸怩たる思いの中で整理されることになり、その後、先輩の言葉を借りれば「沈黙の10年」「無役無冠の10年」を迎えることになる。その間の先輩の思いや如何なものであったか、これを表現するのに適当な言葉が見つからない。

 また、その間の出来事だと思うが、糖尿病で手足を失ったお母様の介護に奔走されることとなる。大変ご苦労をされたことと思うが、理解ある奥様と一緒に介護された事が、今の事業を始めるきっかけとなったそうである。

 そういう経験の中で、「義に照らし、道理を貫く」 ということを先輩は学ばれたそうである。高校・大学と柔道で名を馳せた先輩ならではの言葉であり、生ぬるい人生しか歩んでいない自分が、真から理解するには程遠いと思うが、自分なりに感銘する言葉である。

 先輩とは出身中学・高校・大学が同じで、なおかつ誕生日と干支まで一緒ということで、今まで大変親近感を覚えてきた。今回改めて先輩の挨拶を読んで、親近感が尊敬心に大きく変化する自分を感じている。自分が経験した苦労なんて、先輩の10年に比べたら大したことねえや。そんな風に自分を戒めながら、次から次へと襲い掛かってくる困難に立ち向かっていこうと思う。へっぽこ社長よ!進めえ~!!

いじめ

2007.11.29

 最近、我が家の5年生になる長女が、学校から帰るとよく泣いているようである。理由を聞くと、どうも陰湿ないじめに遭っているようだ。調子に乗っているとか、嫌いだとか、ある女の子が我が娘のことを言い触れて回っているらしい。

 そこで自分流の教育論に立って、すべての人に好かれている人は世の中にいないとか、周囲がどう言おうが、自分が間違ったことをしていなければ気にするなとか言って、娘を慰めはしている。しかし、小学生にいくらそう説いても、なかなか理解できないのは仕方がないし、エスカレートしていくようであれば先生に相談すべきかなと考えているところである。

 自分ぐらいの歳になると、いじめられることを試練と捉え、それを超えることで成長するチャンスと喜んで受け入れる(ちょっと変質的かな・・・笑)。今の若い人たちも、社会に出れば多かれ少なかれ、そういう歓迎せざる機会に遭遇することはあると思う。もし、今そんな状況にあるとしたら、僕と同じように考えて、成長の糧としてほしいと願うところである。

 しかしながら、それも限度があるのも事実である。もう耐え切れない!と思いつめる前に、この人ならと信頼できる人に悩みを打ち明けてほしい。僕の今までの人生経験から結論付ければ、いじめる奴って、本当は意外と弱い人の方が多い。自分の弱さを知られるのが嫌で、それを隠す為に強がっているだけである。自分の弱さを他人から攻められるのが怖いから、先制攻撃を加えているだけである。本当に強い人というのは、どんと構えているものである。

 いじめ問題が社会問題化する嫌な時代になったが、家庭や職場できちんと常識やモラルを身に付けるよう指導し、理不尽なことは通らない世の中にしていきたいと思う。まあ、自分ひとりでできることではないが、まずはどんと構えていられる社長として、自分は成長したいと思う。

産学共同

2007.11.15

 今、諏訪東京理科大学の篠原研究室と組んで、「パチンコと大脳の動きの関係」をテーマにした共同研究をしている。篠原先生のホームページでもさらっと紹介して頂いている。

 パチンコ産業は、上場企業が何社も出てきたり、清潔感に溢れサービスの行き届いた店が増えて、社会的なイメージは随分よくなったと思う。しかしながら、パチンコをやらない人にとっては、まだまだマイナスイメージの方が強く、ある面嫌悪感を持っている人も多いと思う。

 そこで、そういう嫌悪感を少しでも減らす為に、今回の産学共同研究を通じて、「適度なパチンコ遊技は、脳の老化を予防する」というような研究成果が出ないかと僕は真剣に考えている。そのような研究結果を社会にアピールできれば、パチンコの負のイメージは多少なりとも改善できるのではないかと思う。

 それより何より、パチンコが求められている「手軽で身近な娯楽」として復権すると同時に、痴呆症を予防することで介護する家族の負担を軽減し、明るくて前向きな社会を作っていくことに貢献できるのではなかろうかと考えている。そんな仮説の実証を夢見ながら、篠原先生の協力も得て、その実現に取り組んでいこうと思う。

業界紙の取材にて

2007.11.09

 某業界紙から、2008年新年号に掲載する記事ということで取材を受けた。今年を振り返ってとか、来年に向けての抱負ということで質問を受けたので、自分が思うままを語らせてもらった。(今年を振り返ってと言われても、何の成果もあがっていないので答えに窮した。うう~っ、辛いね。)

 僕は今の仕事に就いてから、業界紙を始め、テレビも何度か取材を受けていて、生放送も2回経験している。1回目は、あの懐かしい「11PM」の名古屋収録の最終放送の時だった。僕はまだ30そこそこの純真無垢な青年?だったこともあり、スタンバイの時にちょうどバニーガールのすぐ後ろで控えていて、ぷりぷりしたお尻を眺めながら大変緊張したことを憶えている。

 2回目の生放送は、NHKの「ひるどき日本列島」という番組で、タレントの大西結花さんを相手に、パチンコの生産工程を説明するという内容だった。大西さんは小柄でかわいらしい女性だったが、最近目にした芸能ニュースであまりいいことが書かれていなかったので、ほんの20分ではあるが相方を務めた自分としては少々心配である。(彼女の記憶の中にないとは思うが・・・、照笑)

 そんな訳で、テレビや雑誌の取材は何度か受けているので、今回の取材もどうってことないと思っていたが、いざカメラでバチバチやられると、「はい、笑ってください。」と言われても、どうも作り笑いがぎこちない。「お正月らしく、もう少し明るく笑ってください。」と言われても、笑っているというよりは、顔が引きつっているような感じだ。そう思うと、カメラの前で自由に顔が作れる人はすごいなあ、と今更ながら感心してしまう今日この頃である。ああ、明後日は七五三の家族写真の撮影だ・・・、笑顔、笑顔、笑顔。

 

590576580
ページの先頭へ