豊丸産業株式会社

  • Facebook
  • Twitter
  • お問い合わせ

COPYRIGHT © TOYOMARU INDUSTRY CO.,LTD. All rights reserved.

597576580

伸びたり、縮んだり

2008.01.24

 忙しいというのを理由に、何年も会社の健康診断を避けてきたが、子供が増えるとそういう訳にもいかず、この2~3年は真面目に受けることにしてきた。今日は、その健康診断の日であった。

 最初に身体測定があり、少しでも背を高く伸ばそうと思い、かがとを浮かせ気味にして(姑息な手を使ってしまった・・・)測ったところ、昨年より高くなっている筈が、な、な、なんと0.5cmも縮んでいるではないか!ちょっとショックであったが、そこへ追い討ちをかけるように、「社長、どうでした!?」と余計なことを社員が聞くではないか!(赤面)

 その後、目や耳の検査、血液採取、肺活量測定、肺のレントゲン、心電図・・・といろいろフルコースで検査してもらい、最後にバリウムを飲んでから胃の検査があった。10年ぐらい前だろうか、一度だけバリウムを飲んだことがあるが、その時はビールの特大ジョッキぐらいの量を苦労しながら飲んだ覚えがある。

 そんな経験が理由で、バリウム検査はできれば回避したいと思っていたのだが、与えられたコップは小さな紙コップで、飲むのもさして苦痛にはならなかった。医療の進歩もすごいものだと感心しながら、棺おけを丸くしたようなベッドに寝かされ、ぐるぐる回されて検査は終わった。

 何も問題ない事を祈るばかりであるが、バリウム検査を終えて数時間経ってからが大変だった。バリウムを体外に出す為に飲んだ下剤が急に効いてきたのである。グルル、グルル・・・とくる、なんとも表現しがたい下半身の異常から逃れる為、トイレを探すがどこもふさがっている。こればかりは社長も社員も同じで、血相を変えた人が右往左往している。

 トイレの数も少ないかもしれないが、緊急事態に合わせて増やすのももったいないし、来年からは下剤を飲む時間をスライドさせるようにしようかな。と思いながら、15時間ぶりにつついた坦々麺がなんともおいしかった。何事も健康第一。健康であることに感謝しながら、目標に向かって進みたい。

鏡の法則

2008.01.23

 「鏡の法則」という本を知っていますか?というメールが、最近社員の一人から送られてきた。何でも100万部を超すベストセラーで、インターネットでブレイクしたということだ。早速彼からその本を借りて読んでみることにした。

 わずか100ページ足らずの薄い本で文字も大きいので、ものの30分程度で読み終えたのであるが、そのうち25分間は目に涙が溜まって、それが落ちるのを堪えることに必死だった。内容について端的に言うと、「結果」には必ず「原因」があり、その「原因」は自分の心の中にある。つまり、心の持ち様で結果は変わるというものである。

 それを短い物語でわかりやすく書かれた本であるが、自分自身痛切に感じることばかりで、読み終わった後しばらく立ち上がることができなかった。何年か前に、神渡良平氏の本を読んだ時にも同じような気持ちになった。

 それは、「内観」という体験について書かれていたパートを読んだ時である。「内観」というのは、自分の過去の経験時に感じたことを、心の底に篭っている事まで徹底的に洗い出すことで、自分自身や他人に対する考え方を改善していく手法のことである。1週間程の内観体験の結果、劇的な自己改善が起こるということで、是非体験してみたいと考えている。

 僕が以前入院していた時に、ある人から「少女パレアナ」という本を見舞いに頂いたことがあるが、その本に書かれている物語も、「鏡の法則」と同じようなことを言っていることを思い出した。いずれにせよ、こういうことを知識として持つだけではなく、自分の日頃の行動に変えていくことが大事なのは言うまでもない。

進歩とは・・・?

2008.01.15

 僕らが学生時代のパチンコ屋さん(今でパーラーという)は、綺麗な店員さんもいなければ、おしゃれな雰囲気やきめ細かなサービスもなかったけれど、床の油臭さやマイクのがなり声の中で、何か嬉しく感じるような空気が漂っていた。 

 パチンコ機の故障や玉詰まりも多かったし、大当りと言ったって今と比べればたいした出玉もなかったけれど、ちょっとした暇があれば行きたくて行きたくて堪らない魅力があった。

 パチンコ機にICが搭載されてから30年近く経過し、液晶が搭載されて十数年になる。僕がこの業界に入った20年ちょっと前と比較して、パチンコ機も技術レベルでは格段に成長したと思う。でも、技術の進歩に比例して、パチンコ機って本当に面白くなっているのだろうか? 

 一般的にいう技術とは、電子技術であったり、機構の設計技術であったりする訳で、そういう点では進歩がめざましいのは間違いないが、パチンコ機としてのおもしろさを向上していく技術って、もっと違うところにあるのではなかろうか?

 最近、パチンコパーラーに足を運んでも、例え調子のいい時であっても、行きたくて行きたくて堪らないと感じることが少なくなった。こう感じているのは自分だけではないと思う。何故そう感じるのか、それを見つけ出し解決していくことが、本当の進歩ではなかろうか・・・。

Wiiフィット

2008.01.09

 遅ればせながら、新年おめでとうございます。今年の年末年始は休みが長かったこともあるのか、比較的どこのパチンコパーラーも良かったと聞く。お店がよかったということは、遊技者にとってどうであったかというのが多少気掛かりであるが、ファンが戻ってきた結果良くなったということであれば明るい兆しである。(そうであってほしいと願いたい)

 昨年のクリスマスに、ようやく我が家にもサンタクロースがWiiを持ってきてくれた。子沢山な我が家を気遣ってか、サンタさんはソフトもいろいろ置いていってくれた。(子供と一緒にサンタさん、ありがとう!と抱き合って喜んだ。)その中でも、一番活躍しているソフト(ハード?)がWiiフィットである。

 これがまたすごい。若干ウエストサイズが心配な自分にとって、効果の程は定かではないが(笑)、とにかく家族全員を巻き込んでしまう。1歳半の坊主も隣に立って、床の上で一緒になって足踏みしている。なかなか上達しないパパを見て、みんなが笑い転げる。(ほんとは、わざとヘタにやっているんだけどね。)

 テレビというインフラを使って、任天堂ってすごいことを考えるものだなあって、心から感心と感動の日々である。でも、こういう思想ってパチンコも応用できるような気がするし、今の低迷している業界を活性化していくキーワードになるのではないかと思う。

 つまり、新しいニーズを掘り起こしていくことが、この危機的な状況を打破していくことに繋がるのではと考える。パチンコである以上、当たった時の出玉感というのも大事だとは思うが、決して射幸性を上げるだけが能ではないと思う・・・なんてことを考えながら、今年も新しいことにチャレンジしていきたい。

年の瀬

2007.12.28

 今日で仕事納めだが、相変わらず未解決の問題が沢山あって、一日中会議や打ち合わせに追われてしまった。いつも年の瀬に感じる、じわじわと一年が終わっていくような感じが全くしない。まあ、それだけ忙しくて、やることだらけだということを前向きに捉えて、来年に向かってのいいスタートに繋げていきたい。

 このブログもスタートして数ヶ月経つが、社長自ら作文して公開するということで、当社の恥にならないようにと考えながらここまでやってきた。なかなか時間が取れなくて、更新も思うようにできなかったが、読んでもらいやすいようにと考えながら、それなりに作文能力も磨かれたであろうか。(かなり自己満足?)

 昨年は自分の健康上の問題で、今年は会社の業績の問題でと、厳しい試練が続くけれど、こういうことを糧にして 「にこにこ顔の命懸け」で来年もがんばって職責を全うしたいと思う。篠原先生との共同研究等、随分宿題を残してしまったが、未熟な社長を支援してくれるブログの読者に対し、心から感謝しながら今年を締めくくろうと思う。本当にありがとうございました。

597576580
ページの先頭へ