豊丸産業株式会社

  • Facebook
  • Twitter
  • お問い合わせ

COPYRIGHT © TOYOMARU INDUSTRY CO.,LTD. All rights reserved.

602601602

ラグビーはいいねえ。

2007.09.14

僕はラグビーが好きだ。特にラグビーの精神たる「ワンフォーオール、オールフォーワン」という言葉が好きだ。同時に、背が高い人は高いなりに、低い人は低いなりに、どんな人でも適したポジションがあるという点も嬉しい。ゲームの展開も非常に戦略的で、そういう点から考えても、会社の運営に大変近いものがある。僕の周りでもラグビーで名を馳せた人は、経営者としても会社をうまくリードしている人が多いように感じる。僕とラグビーの出会いは、出身大学がちょっと強かったというところから興味が生まれたことによるが、社会人になって先輩の勧めで入った某草ラグビーのチームでプレイを始めてから益々のめり込むこととなった。今はもうプレイできる歳ではないので(クラブによっては80歳過ぎて現役の人もいる)、もっぱら観戦する立場であるが、先日の深夜眠れなくてテレビをつけたら、たまたまラグビーW杯の日本対フィジー戦をやっていた。フィジー選手のラフプレイに苦しみながらも、FW戦で優位に立って、大西選手(学生時代からさらに野性味を増したなあ・・・)の好キックもあり前半はいいゲーム展開で後半を迎えた。かなりの暑さでフィジー選手はバテバテに見えていたが、なぜか後半は息を吹き返して連続トライで差を広げるが、日本もトライで応戦して食い下がった。ゲーム終盤は4点差で、1トライで逆転(ラグビーはトライすると5点入る)という、ラグビーにとっては一番興奮するゲーム展開となった。最後はフィジーのディフェンスの壁を破るには至らず、残念ながら敗戦となった。しかし負けはしたが、あの暑さの中で、最後まで諦めず、身体能力に優る相手に食い下がった日本の選手に久しぶりに感動させられた。興奮冷めやらぬ中、俺もがんばらなきゃあ!と思って時計を見たら深夜?4時。てなことで、仕事も集中、寝るのも集中を強いられる一日となった訳である。

その昔・・・

2007.09.11

僕は大学卒業後、某監査法人に就職した。もう二十何年前の話になるのだが、当時、学生にとっては就職氷河期で、不出来な自分にとっては当然のことながら厳しい就職活動となった。当時自分が住んでいた学生アパートには風呂がなかったので、就職活動解禁日前日に友人の下宿先の風呂を借りることにした。僕は根っからの無精者ではあるが、風呂も入らずに企業訪問するのはさすがに失礼と思いそうしたところ、な、なんと飛び込んだ風呂が冷め切ってぬるま湯になっていたのである。我慢して入ったものの、京の冷気が拍車を掛けたのか、翌日目を覚ました時には、頭ガンガン、鼻水ダラダラ、体ガタガタであった。それでも気力を振り絞ってリクルートスーツに身を固め、連日の会社訪問を予定通りこなしたが、就職活動という孤独な戦いと質の悪い風邪の苦痛で、アパートに帰るといつも本当に情けない気持ちになった。そんな状況だったので、就職活動は自分にとっては試練の連続であったが、捨てる神あれば拾う神ありで、思っても見なかった某監査法人が救いの手を差し伸べてくれることとなった。ヒルティの幸福論に、「苦難は人を強くするが、安楽はただ弱くするばかりである。」という一節がある。僕が好きな言葉のひとつであるが、当時をふり返って考えてみると、試練多き就職活動は小さな苦労ではあったが、自分にとって貴重な経験だったと思う今日この頃である。

602601602
ページの先頭へ